戦争映画史を塗り替える衝撃の実話。本年度アカデミー賞他2部門受賞! 本年度アカデミー賞6部門ノミネート! 作品賞、監督賞(メル・ギブソン)、主演男優賞(アンドリュー・ガーフィールド)、音響編集賞 映画「ハクソー・リッジ」 メル・ギブソン監督作品 『沈黙-サイレンス-』『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ アンドリュー・ガーフィールド

メル・ギブソン監督からのメッセージ

Filmarksで口コミを見る

初日満足度第一位 Filmarks

チケット予約はこちら

INTRODUCTION

STORY

Cast

アンドリュー・ガーフィールド デズモンド・ドス アンドリュー・ガーフィールド デズモンド・ドス

1983年、アメリカ、カリフォルニア州生まれ。役によって変貌する確かな演技力で世界中の観客を魅了し、本作で自身初となるアカデミー賞®、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされた他、数々の賞に輝き、今や同世代の中で最も多才な俳優の一人となる。 舞台俳優としてキャリアをスタートさせ、すぐに映画にも進出。最初に高く評価されたのは、ゴールデン・グローブ賞助演男優賞にノミネートされた、デヴィッド・フィンチャー監督の『ソーシャル・ネットワーク』(10)。続いて、主人公のピーター・パーカーを演じた『アメイジング・スパイダーマン』(12)と『アメイジング・スパイダーマン2』(14)が、合計15億ドルの興行収入を上げ、世界中にその名を知られる。その他の主な出演作は、トム・クルーズ共演、ロバート・レッドフォード監督の『大いなる陰謀』(07)、映画初主演を飾った『BOY A』(07)、テリー・ギリアム監督の『Dr.パルナサスの鏡』(09)、キーラ・ナイトレイ、キャリー・マリガン共演の『わたしを離さないで』(10)、スパイク・ジョーンズ監督の『アイム・ヒア』(10)、『ドリームホーム 99%を操る男たち』(14)等がある。最近では日本でも話題となったマーティン・スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス-』(16)でも主演を果たし、最新作『Under the Silver Lake』(17)が控える。

サム・ワーシントン グローヴァー大尉 サム・ワーシントン グローヴァー大尉

1976年、イギリス、サリー生まれ。幼少時にオーストラリアに移り住み、オーストラリア国立演劇学院(NIDA)で演劇を学ぶ。2000年、『タップ・ドックス』で映画デビュー。その後、『ジャスティス』(02)や『グレート・レイド 史上最大の作戦』(05・未)、『マンイーター』(07)などの映画に出演して経験を重ねる。 2009年、ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』の主役に大抜擢される。同作は世界興行収入歴代1位の27億ドルを記録して社会現象を巻き起こし、一躍、時の人となる。その後、『タイタンの戦い』(10)と続編の『タイタンの逆襲』(12)でアクションスターの座を不動のものとする。 その他の主な出演作は、『ターミネーター4』(09)、『恋と愛の測り方』(10)、『崖っぷちの男』(12)、『ドリフト』(13)、『Cake ケーキ ~悲しみが通り過ぎるまで~』(14・未)、『サボタージュ』(14)、『ハイネケン誘拐の代償』(15)、『エベレスト3D』(15)など。最新作は、『アバター』の続編『Avatar2』(18)が控える。

テリーサ・パーマー ドロシー・シュッテ テリーサ・パーマー ドロシー・シュッテ

1986年、オーストラリア、アデレード生まれ。世界を舞台にその才能を発揮し、国際的に活躍している女優の一人。初めて注目を集めたのは、主演を務めた『明日、君がいない』(06)。その後、マイケル・ベイ製作の『アイ・アム・ナンバー4』(11)、ニコラス・ホルト、ジョン・マルコヴィッチ共演の『ウォーム・ボディーズ』(13)など、多くのメジャー作品に出演する。近作には、クリスチャン・ベイル共演、テレンス・マリック監督の『聖杯たちの騎士』(15)、『X-ミッション』(15)、人気作家ニコラス・スパークス原作の『きみがくれた物語』(16)、ジェームズ・ワン製作の『ライト/オフ』(16)、ケイト・ウィンスレット、ケイシー・アフレック共演の『トリプル9 裏切りのコード』(16)などがある。最新作は、『Berlin Syndrome』(17)がある。

ヴィンス・ヴォーン ハウエル軍曹 ヴィンス・ヴォーン ハウエル軍曹

1970年、アメリカ、ミネソタ州生まれ。カルトの傑作と称えられた『スウィンガーズ』(96)で注目される。コメディ映画に多く出演していることで知られ、『アダルト♂スクール』(03・未)や公開当時1位を記録し、最終的な興行収入は1億1,400万ドルに達した、ベン・スティラー共演の『ドッジボール』(04)、オーウェン・ウィルソン共演の『ウエディング・クラッシャーズ』(05・未)、『ブラザーサンタ』(07)などに出演する。その他の主な出演作は、『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(97)、『ムーンライト・ドライブ』(98)、『サイコ』(98)、『クール・ドライ・プレイス』(98)、『ザ・セル』(00)、『ドメスティック・フィアー』(01)、『Mr.&Mrs.スミス』(05)、『サムサッカー』(05)、『イントゥ・ザ・ワイルド』(07)、『フォー・クリスマス』(08・未)、『南の島のリゾート式恋愛セラピー』(09・未)、『僕が結婚を決めたワケ』(11)、『インターンシップ』(13・未)などがある。

ルーク・ブレイシー スミティ・ライカー ルーク・ブレイシー スミティ・ライカー

1989年、オーストラリア、シドニー生まれ。ベルビュー・ヒルにあるスコッツ・カレッジで学び、演技の世界へ入る。デビュー作であるオーストラリアのTVシリーズ「Home and Away」(09~10)で話題となってハリウッド関係者の目に留まり、セレーナ・ゴメス共演の『恋するモンテカルロ』(11)に出演する。2013年には、人気シリーズ『G.I.ジョー バック2リベンジ』でコブラコマンダーの役を獲得する。また2014年には、ピアース・ブロスナン共演の『スパイ・レジェンド』でCIA工作員を熱演し、ニコラス・スパークスのベストセラー小説を映画化した『かけがえのない人』にも出演する。2015年には、『ハートブルー』をリメイクした『X-ミッション』で注目される。

ヒューゴ・ウィーヴィング トム・ドス ヒューゴ・ウィーヴィング トム・ドス

1960年、ナイジェリア生まれ。『マトリックス』3部作(99・03)、ピーター・ジャクソン監督の『ロード・オブ・ザ・リング』3部作(01・02・03)などの世界的な大ヒット作で印象深い役柄を演じ、個性派俳優として広く知られている。大ヒットシリーズ『トランフォーマー』(07)、『トランスフォーマー/リベンジ』(09)、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(11)ではメガトロンの声の出演をしている。 その他の主な出演作は、ナタリー・ポートマン共演の『Vフォー・ヴェンデッタ』(05)、『ウルフマン』(10)、『オレンジと太陽』(10)、『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』(11)、『クラウド アトラス』(12)、ピーター・ジャクソン監督の『ホビット 思いがけない冒険』(12)と『ホビット 決戦のゆくえ』(14)、『ブレイキング・ゴッド』(14)、ニコール・キッドマン共演の『虹蛇と眠る女』(15)など。声の出演では、『ハッピーフィート』シリーズ(06・11)、『ガフールの伝説』(10)を担当している。

Staff

|監督| メル・ギブソン |監督| メル・ギブソン

1956年、アメリカ、ニューヨーク州生まれ。12歳で家族と共にオーストラリアへ移住する。 1979年、ジョージ・ミラー監督の目に留まり、『マッドマックス』に出演、世界中から一躍注目を浴びる最初の映画となる。続編の『マッドマックス2』(81)と『マッドマックス/サンダードーム』(85)の大ヒットで名声を得る。 1984年、『ザ・リバー』でアメリカ映画への進出を果たす。さらに全世界で破格のヒットを記録した『リーサル・ウェポン』シリーズ(87・89・92・98)により、ハリウッドでの確固たる地位を確立する。その中でIcon Productionを設立し、『顔のない天使』(93)で監督デビューを果たす。 1995年、主演と監督を務めた『ブレイブハート』が興行的に大成功を収め、批評家からも絶賛される。この作品でアカデミー賞®10部門にノミネートされ、作品賞、監督賞を始めとする5部門に輝き、ゴールデン・グローブ賞監督賞も受賞。監督としての手腕も高い評価を獲得した。 2004年、製作、監督、脚本を手掛けた『パッション』が、R指定映画としては最高の興行収入を記録し、アカデミー賞®で3部門にノミネートされる。2006年、再び製作、監督、脚本を手掛けた『アポカリプト』で全米初登場第1位を記録し、アカデミー賞®3部門にノミネートされ、監督としての才能も世界中に認められている。

|製作| ビル・メカニック

メル・ギブソンとは『ブレイブハート』(95)に次ぐコンビとなるメカニック。 パンデモニウム・フィルムズの会長兼最高経営責任者であり、アカデミー賞®の理事会の役員も務めている。同社製作による作品には、ウォルター・サレス監督の『ダーク・ウォーター』(05)、テレンス・マリック監督の『ニュー・ワールド』(05)、オスカーにもノミネートされたヘンリー・セリック監督のアニメーション映画『コララインとボタンの魔女 3D』(09)などがある。 20世紀フォックス在任中に、『スピード』(94)、『トゥルーライズ』(94)、『ダイ・ハード3』(95)、『インディペンデンス・デイ』(96)、『スター・ウォーズ 特別篇』(97)、『タイタニック』(97)、『エントラップメント』(99)、『ボーイズ・ドント・クライ』(99)、『ビック・ママス・ハウス』(00)、『ホワット・ライズ・ビニース』(00)、『キャスト・アウェイ』(00)など数々のヒット映画を生み出している名プロデューサーの一人として知られる。

|脚本| ロバート・シェンカン

ピュリッツァー賞、トニー賞、全米脚本家組合賞の受賞者であり、エミー賞に2回ノミネートされた作家。2014年のブロードウェイ作品「All The Way」では、ドラマ・デスク・アワードやアウター・クリティクス・サークル・アワード、ドラマ・リーグ賞やトニー賞など名だたる賞を独占し、歴代興行収入の記録を大幅に塗り変えた。ミュージカル「The Twelve」(脚本、歌詞担当)では、2015年度のオー・ヘンリー賞を受賞する。 その他、TVでは、「スパルタカス」(04)、「アンドロメダストレイン」(08)、TVミニシリーズ「ザ・パシフィック」(10)、「オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男」(16)などを手掛ける。

|脚本| アンドリュー・ナイト

オーストラリア屈指の実力ある作家、製作者。30年以上に及ぶキャリアを持ち、コメディやドラマ、ミニシリーズやTVシリーズなど、あらゆるジャンルでヒット作を放っている。1989年には自身の会社であるArtist Services Pty Ltdをスティーブ・バイザーと共に立ち上げ、同社はオーストラリアで最も業績を上げた会社の一つとなる。 主な作品は、『サイアム・サンセット』(99)、現在15シリーズ目に入っている「Rake」(10~16)、ラッセル・クロウ主演の『ディバイナー戦禍に光を求めて』(14)、「不良探偵ジャック・アイリッシュ」(16)などがある。

|編集| ジョン・ギルバート A.C.E.

本作でアカデミー賞®編集賞を受賞。業界きっての尊敬を集める映像編集の第一人者。ピーター・ジャクソン監督の『さまよう魂たち』(96)を担当したことから、同監督の『ロード・オブ・ザ・リング』(01)に携わり、アカデミー賞®、英国アカデミー賞にノミネートされた他、数々の賞に輝く。ロジャー・ドナルドソン監督作品で知られ、『世界最速のインディアン』(05)、『バンク・ジョブ』(08)、『スパイ・レジェンド』(14)を手掛けている。その他の作品は、『テラビシアにかける橋』(07)、『ブリッツ』(11)、『キラー・エリート』(11)、『マーヴェリックス/波に魅せられた男たち』(12)などがある。

|撮影| サイモン・ダガン

オーストラリアのシドニーでCM監督として働きながら撮影のキャリアを積む。バズ・ラーマン監督の『華麗なるギャツビー』(13)でオーストラリア映画協会賞最優秀撮影賞を受賞する。 その他の作品は、アレックス・プロヤス監督の『ガレージ・デイズ』(02・未)、『アイ・ロボット』(04)、レン・ワイズマン監督の『アンダーワールド:エボルーション』(06)、ロブ・コーエン監督の『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』(08)、アレックス・プロヤス監督の『ノウイング』(09)、ゲイリー・マッケンドリー監督の『キラー・エリート』(11)、ノーム・ムーロ監督の『300 <スリー・ハンドレッド>~帝国の進撃~』(14)、ダンカン・ジョーンズ監督の『ウォークラフト』(16)などがある。

|録音| ケヴィン・オコンネル

録音担当としてのキャリアは30年以上を誇り、200以上の映画に携わっている実力者。 これまでアカデミー賞®に20度ノミネートされたものの受賞を逃し続け、“ノミネート止まり”の最多記録を保持していたが、本作にて21度目のノミネーションを受け、遂にオスカー像を手にした。 『スティーブ・マーティンの 四つ数えろ』(82)で初めて録音としてクレジットされた後、『愛と追憶の日々』(83)にてオスカー候補となると、『トップガン』(86)、『ブラック・レイン』(89)、『アルマゲドン』(98)、『パールハーバー』(01)、『トランスフォーマー』(07)などを手掛けた。メル・ギブソン監督作品では、『パッション』(04)、『アポカリプト』(06)でも共に仕事をしている。

|録音| アンディー・ライト

オーストラリア出身。『Clubland』(未・07)、『Red dog』(未・11)、『Burning Man』(未・11)、『キラー・エリート』(11)、『Only the Dead』(未・15))などに携わり、オーストラリアの映画賞で音響部門の賞の受賞・ノミネートを重ねてきた。 本作で、アカデミー賞®の録音賞受賞の他、音響編集賞にもノミネートされた。

|録音| ロバート・マッケンジー

オーストラリア出身。『アニマル・キングダム』(10)や、『ハンター』(11)、『さよなら、アドルフ』(12)、『グランド・マスター』(13)、『LION/ライオン ~25年目のただいま~』(16)などを担当し、オーストラリア国内外で活躍している。 本作で、アカデミー賞®の録音賞受賞の他、音響編集賞にもノミネートされた。

|録音技術者| ピーター・グレイス

オーストラリア出身。『DOWN UNDER BOYS』(98)や、ケイト・ブランシェット主演の『リトル・フィッシュ』(05)、『Jindabyne』(未・06)などでオーストラリア国内でのキャリアを築く一方、『ハッピーフィート』(06)、『ノウイング』(09)、『キング・オブ・エジプト』(16)、『エイリアン:コヴェナント』(17)など世界的なヒット作に参加している。